シャンプーとヘアカラートリートメントのタイプを比較

シャンプーする女性

頭皮ケアのためには、髪や頭皮につけるものを、刺激の少ないものに変更するのが望ましいです。例えば、髪や頭皮を洗う時にはシャンプーが使われますが、多く出回っている安価なシャンプーは、高価なものと比較して、刺激が強い洗浄成分が使われているといわれています。できればアミノ酸タイプのシャンプーを使うと、髪や頭皮を傷めずに洗うことができます。

ヘアカラーについても同様です。今ではヘアカラートリートメントの利用者が増えていますが、これはヘアカラートリートメントが従来のタイプと比較して、髪や頭皮に優しいことが理由としてあります。確かに、従来のクリームタイプのヘアカラーの方が、すぐに濃い色で髪を染めることができるため、急ぎの場合には便利です。しかし、クリームタイプの成分は強いため、頻繁に使い続けると髪のキューティクルを傷めたり、頭皮が炎症を起こすことがあります。

その点、ヘアカラートリートメントなら、髪や頭皮ケアができるような成分が配合されているため、クリームタイプのようなダメージの心配がいりません。すぐに染まらない、色持ちがクリームタイプよりも短いという欠点はあるものの、髪や頭皮にダメージが蓄積されない分だけ、長く使いやすい製品です。

メリットはダメージが少ない

ヘアブラシ

白髪等の悩みがある場合には、頭皮環境が悪くて同時に薄毛に悩んでいるという事もあります。こうした状態で成分のきつい白髪染めやシャンプーを使うと余計に頭皮が悪化してしまい、髪は染まっても抜け毛が酷くなって頭皮環境も悪くなるという事もありますし、頭皮ケアと育毛を同時に行いながら白髪や薄毛の対策を行う事も可能です。

まずシャンプーはスカルプシャンプーのように頭皮ケアを主体にしたものに変更する事が望ましく、このタイプのものは頭皮に優しく頭皮環境を改善させる事に特化したものですから、頭皮毛穴の汚れをとりながら育毛出来る環境を作る事が出来ます。洗浄成分が優しいものが多く、頭皮が荒れている方でも利用しやすい商品が多い事も特徴であり、毛髪を美しくするというよりは、毛髪が生える土台にある頭皮の環境改善に特化したものです。

白髪染めの時でも成分のきついものは効果が高く、一度だけで白髪対策が可能ですが、頭皮へのダメージが大きい可能性があります。しかしヘアカラートリートメントの場合は時間と回数をかけながら白髪対策を行えるものであり、ヘアカラートリートメントは成分も優しく頭皮や毛髪へのダメージも少ないというメリットがあります。
ヘアカラートリートメントを使って白髪対策は頭皮に優しいという事です。

フケ予防とヘアカラートリートメント

フケ予防する女性

女性男性問わず、年齢を重ねてくると避けられないのが白髪の悩みです。特に女性の方にとっては、髪の毛が長いこともあり、白髪も目立ちやすく、何とかしたい、と切実に悩んでいる方も多いです。それと共に、ホルモンバランスが崩れやすくなったり、新陳代謝も若い時ほど良くなくなり、フケなどの頭皮トラブルに見舞われることも増えてきます。そんな時には、ヘアカラートリートメントで白髪をきれいに染めるとともに、シャンプーなどで頭皮ケアをすることにより、健やかな頭皮できれいな髪の毛を維持することが大切になってきます。

シャンプーは、頭皮をケアできるものを選んで、洗髪時に指の腹でやさしくマッサージすることにより、血行がよくなり、丈夫な髪の毛が生えてきやすくなります。ヘアカラートリートメントも、髪色を染めるだけではなく、トリートメント効果によって、ツヤのあるきれいな髪の毛になるので、定期的に使用して、いつでもツヤツヤの髪の毛をキープすることができます。

ヘアカラートリートメントは、体質などによって、かぶれたりする場合もありますので、使用前は必ずパッチテストをしましょう。髪の印象で、見た目の若々しさがずいぶん変わってきますので、楽しくケアできるといいですね。

液体